コーヒーを飲むのが習慣となっている人はコーヒーメーカーを購入する費用以外にランニングコストがかかることを考えに入れておく必要があります。フィルター式の場合はコーヒー豆あるいはコーヒー粉が使われますが、豆で購入すると1杯20円程度、粉なら1杯17円程度です。
それにフィルターを布製ではなく紙製のものにするとその分の予算も考えなければならないでしょう。

コーヒーカプセル情報ならこちらをご利用ください。

最近はカプセル式のものも人気となっていますが、こちらはコーヒー粉が入ったコーヒーカプセルを装着して使用します。



このコーヒーカプセル1個で1杯飲めるのですが、53円ほどかかります。
注意しなければならないのは、コーヒーカプセルはそれぞれのメーカーによって専用のものが定められているのです。


フィルター式なら予算に応じて豆や粉の種類・フィルターを安上がりのものに変えていけますし逆にこだわりの豆を選んだりもできますが、カプセル式なら一度そのマシンを手に入れたらそれに合ったコーヒーカプセルしか選べないので考えてから購入するようにしましょう。
カプセルによってコーヒーの抽出量も違ってきます。

もちろん味も違いますし、その種類の豊富さもメーカーごとの違いがあるのです。

メーカーによっては抹茶ラテやココアなどコーヒー以外のバリエーションもあります。
カプセル自体のお値段も違ってきます。

もちろん、カフェで飲むのに比べると断然安上がりです。

Girls Channelに有効なサイトの紹介です。

フィルター式・カプセル式それぞれにメリットデメリットを考えながら自分にあったものを選ぶようにしましょう。