レギュラーコーヒーは飲む直前にコーヒー豆から抽出する飲み方で、ドリップやサイフォンなど様々な入れ方があります。
ドリップで入れる場合は使用するフィルターにより方法が違いますが、ペーパーフィルターを使用してレギュラーコーヒーを入れる方法が一番オーソドックスなものになります。

ペーパードリップで入れるときに用意する道具はドリッパーにペーパーフィルター、サーバーと口の細いポットが必要になります。
ドリッパーとはペーパーフィルターをセットすることに使用し、ペーパーフィルターはコーヒーの粉がサーバーに漏れ出ないようにするために必要になります。

Yahoo!ニュースに関する情報の一覧です。

サーバーは抽出したコーヒーを受け止めることに使用し、目盛りがあるのでその位置でコーヒーの杯数を調整します。

ポットはコーヒーの粉をセットしたときにお湯を注ぐときに使用しますが、口が細いものを使用することで注ぐお湯の量を調整しやすくなります。

入れる際はまずドリッパーやサーバー、カップなど温めておきます。
フィルターの底と側面のミシン目を前後に互い違いになるように折り、ドリッパーにセットします。



必要なコーヒーの粉を入れサーバーの上におき、お湯がサーバーに数滴落ちる程度にお湯を注ぎ20秒ほど蒸らします。

中心で五百円玉ほどの大きさでのの字を書くようにお湯を注ぎ、3分の1ほどになったら次のお湯を注ぎ最後に量を調節します。まずはペーパードリップで正しいレギュラーコーヒーの入れ方を覚えて、練習しましょう。

レギュラーコーヒー情報を豊富に提供しています。